2009年06月29日

噴飯の結党

気持ち悪い人たちがむきになって集まってきたらいやなんですが、まあそのときはそのときで適当にあしらえばいいやと思ったので取り上げておきます。
えー、こないだ幸福実現党ってのができまして。
公明党よりさらに露骨に、政教分離という言葉の有名無実化を推進せしめんとしております。

僕はつねづね「宗教はアホがやるもの」と言っておりますが、そういう先入観は一切抜きにして、彼らの掲げる「新・日本国憲法試案」とやらを読んでみました。

いやはや想像以上にひどい。
法律の知識がないとかそういうレベルではないですね。
まるで誇張ではなく、僕が中学生のときでももうちょっとまともな憲法試案を書けたと思います。


当然ながら各方面からあらゆるツッコミが寄せられているようで、党が必死にそれらに反論していますが、その反論も読んだうえでさらにツッコんでいきましょうかね。

まず現在の憲法で保障されている集会・表現・学問・移住・生活権などの自由が一切明記されていない点。
これについて党は、第十条(法律に反しない範囲でのあらゆる自由を保障する)の存在を以て足りると回答しています。
しかしこれは言い換えればどんな自由も法律によって制限できると読めてしまうわけで、まったく反論になっていません。
現行憲法が幸福追求権というあいまいな自由を保障したうえで、あえて重複を避けずに具体的な自由を列挙して明確に保障している意味というのがまるでわかっていません。
そのうえで信教の自由だけは別格に保障しているという矛盾もあります。

次に、立法・行政・司法の三権の長をすべて国民による直接投票制にゆだねている点。
これでは法律だけでなく裁判の結果までそのときの国民の気分によって大きく左右される可能性があるわけです。
マスコミに持ち上げられて国民の支持を得て、アホみたいな顔したタレントが最高裁長官になり「判例とか廃止して殺人と放火は一律死刑でいっか」って言ったらそうなっちゃうわけです。
いやいやこれは決して極論じゃないですよ。
本来はそういう危険を避けるために三権分立って言葉があるんですから。
人気さえあれば三権すべてを手中にできるシステム、小学生でも危険だってわかりますよね。
これについても指摘があるんですが、回答は現行制度のデメリットと国民投票制のメリットを挙げるにとどまっており、こういう危険性への対策については一切触れていません。
そりゃどんな制度にだってメリットとデメリットはありますよ。
民意の反映という意味ならとりあえず裁判員制度で十分です。

最後に大きいのを。
全文に目を通せば、結局この憲法は大統領による独裁制をもくろんだものであることが明らかですが、その指摘に対して党は、「国会は憲法で定められた機関ですから、憲法の下位法令である大統領令でこれを廃止することはできません」などと回答しています。
しかしそれは「大統領の独断で国会を廃止できてしまうのでは」という一部の具体的な疑問に対しての回答であって、独裁制そのものは一切否定できていない。
立法府である国会が作った法律よりも大統領の作った大統領令が優先するという規定が第七条に明文化されてる以上、大統領は国会を廃止するまでもなく絶対的な権力者です。
「大統領令と法律は別」とも回答していますが、第六条には「大統領令以外の法律は〜」という文言が見られ、これは大統領令も法律の1つであるという意味にしか読めません。
さらに単に「法律」と表記すればいいところ、第七条などに「国会による法律」とわざわざ明記されていることからも、法律が大統領令も含むことは明らかです。
第十条のように単に「法律」と書いた場合はどちらも含むってことなんでしょう。
とどめに第十六条では「本憲法に規定なきことは、大統領令もしくは、国会による法律により定められる」とあります。
行政機関であるはずの大統領が完全に立法機関も兼ねているという意味です。

一部重箱の隅をつつくような指摘にも見えるかもしれませんが、法学、特に憲法学というのはそういう学問です。
読んだ人がおのおのに勝手な解釈をするようでは困っちゃうわけで、かぎられた文言から正しく真意を汲み取っていく必要があるんですね。
そういう意味では現行憲法も問題が多い文章なんですが、それでもこの憲法試案みたいな駄文よりは数万倍ましです。

この党は憲法試案以外にもいろいろ政策を掲げてますが、政策というには具体性と実現性に乏しすぎるんで、そのへんにツッコむのはもうやめにします。
北朝鮮に強硬策を、という点だけは支持できますね。

さて。
自民もダメ、民主もダメ。
じゃあどうしたらいいんだって暗澹たる気分の国民はけっこう多いと思います。
しかしいくら多くの国民が無知と言っても彼らほどのアホはそうそういないですから、間違っても彼らが政権を握るなんて日はやってこないでしょう。
だいたい党名にセンスがなさすぎる。
その時点からもうアホ丸出しなんですよね。
posted by ハジメ at 06:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日は幸福実現党のチラシを自宅周辺のポストに投函してきました。
雨は止んでいたので助かりましたが。
緊急の問題は北朝鮮の核ミサイル。
キムジョンイルが側近に語った言葉が「日本に核ミサイルを落としてかっての植民地時代の慰謝料を取り返さないとダメだな」と。とんでもないことを言っている。
これだとミサイルが打ち込まれた時点で戦争は終わっているのだ。
10万人がアッという間に殺されてしまう。
やはり北朝鮮がミサイルの準備をした段階で先制攻撃
を仕掛けなければいけないのだ。
現行法ではミサイルが打ち込まれてから反撃をすることになっている。
憲法9条を改正しなくてはいけない。
幸福実現党内部で言われていることは、日本の三大都市東京、名古屋、大阪が危ないらしい。
現在日本という国が二度核ミサイルの被害をうけることになる。
今立ち上がらなければいつ立ち上がるのだ。
今度の衆議院選は日本人の命が懸かっている。
平和ボケした日本人よ、あなたたちの命が危ない。
Posted by kato33 at 2009年06月30日 18:46
もし幸福実現党の新憲法が採用されたら10万人の命どころの被害じゃ済まないでしょうけどね
Posted by ハジメ at 2009年07月01日 02:02
だから、国民の大部分が、「自分たちが殺されるまで、北朝鮮や中国の意図が分からない」と言うのであれば、、、、、、

20万人の中国の軍隊が国境付近にいるのは、南下した時、つまり 韓国を併合する時に、中国軍が北朝鮮に入れば、アメリカ、日本が手出しで きなくなるのです。これは北朝鮮と中国の密約があるのだろうと推 定されます。

北朝鮮が狙うのはまずは 「韓国」 である。
キムジョンイルの真の狙いは、日本を攻撃する姿勢を見せてから朝 鮮半島の統一です。この恐怖に陥られているのは韓国です。南北朝鮮を統一した後は、 7,8000万の国を形成し、核武装した巨大な軍事国家を作り上 げる。


この後、2010年代後半に日本侵攻を狙っている。この裏には、 太平洋の覇者を目指す 「中国の野望」 があるのです。今、空母艦隊の建造にかかっていて、アメリカと戦 える態勢をつくろうとしている。要するに、ハワイから西の大西洋 、インド洋の制海権のすべては中国が取る、ということです。

キムジョンイルは、オバマ政権の足元の弱さを、すでに見透かしているのです。そして、日本の政治家たち、国家を指導している者たちの優柔不断さ、決断力のなさ、勇気のなさ、知恵のなさを、全部、見透かしているのです。非常に残念なことです。
Posted by jill at 2009年07月06日 09:37
僕が1行目に書いたことが予言みたいになってる^^
Posted by ハジメ at 2009年07月09日 09:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。