2009年03月14日

バイオハザード5など雑感

バイオ5。
うん、まだ、終わってないんですが。

なんか明らかに、これから敵が出るから準備しといてねと言いたげにアイテム補給ポイントがあって、そこを越えると敵がわらわらと襲ってきて、うんやっぱりねと思いつつそいつらを作業的に全滅させてちょっと進むとまたアイテム補給ポイントが、をえんえんと繰り返すゲーム。
思えば初代バイオの静と動のコントラストは美しかった。

いまどきオートエイムは流行らないし、たとえばMGS1なんかもいまやるとけっこうつまんないし、懐かしさ補正ってのもたしかにあるんだけど、それでもあれだけ世界中を熱狂させた初代はすばらしかった。

とりあえず半分仕事として話題作は必ず遊ぶことにしてるんだけれど、今回はつまらないとまでは言わないが、そういう衝撃はまったくない。
値段だけがしっかりと大作レベル。

最近は絵だけきれいでも作る側にセンスがない、なんてことを言う人がいて、そんなことはないぞと思っていたのだが、有名作品がこのありさまだとなるほど有名作品しかやらない人からすればそう思うのもやむなしかもしれない。

* * *

ちなみに龍が如く3はまだ体験版しかやってない。
とりあえずカラオケのバカさには笑わせてもらったが、画面表示とリズムが合ってないうえに曲によってボタン入力のタイミングがずれているのでリズムゲーファンとしては駄作と評価せざるを得ない。
制作側のリズム音痴を何の落ち度もないこっちに押しつけられても。

ともかく、カメラぐりぐり操作と主観視点を入れろって名越さんに口を酸っぱくして忠言申し上げた甲斐があったのかどうかしらないけれど、とにかく結果として3でついに実現されている。
あとはフルボイスさえ実現すればいよいよシェンムーに近づいたと言えるのだがそれはさすがに進言をためらわれる。
あのボリュームでフルボイスという発想は採算という言葉を知らないキチガイにしかできない。

しかしフルボイスイベントのあとに急にボイスなしになって、カタカタカタってダサいSE聞かされながら固定アングルでえんえんとボタン連打してセリフ読まされると白けるのもたしか。
そしてその点においてシェンムーがいかにすごかったか、ゲームファンの中にも知らない人が増えてきているのは哀しいことだ。

あ、鈴木裕さんキチガイって言ってごめんなさい。
いい意味でそう思ってますので勘弁してください。
posted by ハジメ at 05:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

忠告

「ウンコしてくる」って言うと、たまに「俺の分もしてきて」って返すやつがいるんで、そろそろはっきりとクギを刺しておきたいんですけれども。

まず全然おもしろくない。
全っ然、おもしろくない。
それでも言われたほうは無視するのも感じ悪いってことで、いちおう乗っかるなりツッコむなり愛想笑いするなりしなきゃいけない。
もうウンコ行く前からウンコ踏んだみたいな気分ですよ。

しかもそういうやつって「オレおもしろい」とか思ってるからね。
出会い系サイトのプロフィールに「人からおもしろいやつって言われます」とか書いちゃうからね。
もうね、これ読んでてもし心当たりあるならね、本当に、決して嫌がらせじゃなく、純粋にあんたのためを思うから言うんだけど、そのやりとりはもう死ぬまで封印したほうがいい。
あと自分自身に対する評価も、本当に謙虚になってもう一度考え直したほうがいいと思う。
言いたくないけど周りのあんたに対するおもしろ度評価は間違いなく100点満点で1桁台だよ。
いやいやマジで。

もっと言っちゃうと、その年齢までそういう感じで生きてきちゃったわけだから、今から修正しておもしろくなるのはもう完全に不可能なの。
だからもうそっち方面はすっぱりあきらめて、二度とおもしろいことを言おうとか考えないで生きていくのがいいと思う。
おもしろさとは別の方向で、あんたの才能を生かせる場所がきっとあるから、それを前向きに探すべきなんじゃないかな。
posted by ハジメ at 11:31| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

ぜいたく

金曜にかかってくるはずの仕事の電話が今日かかってきて、まだ早いだろう何か問題でもあったのかと思って電話に出て、はじめて今日が金曜だということに気づいてびっくりした。

これまで妻が帰省するときは必ず多忙であったが、今回は、まる5日ほどぽっかりと暇ができた。
いくつかこの隙間を埋めるような依頼はあったものの、せっかくの気ままな生活を楽しみたいと思ってすべてことわってしまった。
どうせいくらにもならない仕事だし、がむしゃらな若手でもないし、今更それを引き受けようとことわろうと何も変わらない。

何時間寝ていても何時間起きていても誰からもとがめられないとなると、本気で昼夜の感覚がなくなって、時計を見てもそれが午前なのか午後なのかがわからないということが多々あった。
外が明るいから起きる、ということは僕に関してはまったくなく、目が覚めれば朝の4時だろうが夜の8時だろうが突然むくむくと布団から出て、なんとなく疲れて布団が恋しくなるまで活動する。
歯磨きは起きたときや毎食後にきちんとしていたけれど、風呂となると正直かなりいいかげんだったように思う。
起きたらいきなり酒を飲んで、寒いとまた布団に入ってニンテンドーDSをやって、疲れたらそのまま二度寝して、寝すぎて頭が痛くなって仕方なくまた起きて、録り溜めたテレビ番組を消化していく、という具合。
結局、この5日間で最も遠い外出は徒歩3分のツタヤであった。

外食は一度もしていないものの、お酒だけは毎日たっぷりと飲んだからそこそこお金は使ったような気がする。
他人がどう思うか知らないけれど、これはこれで個人的には満足していて、とてもいいリフレッシュになった。

ただしこれは期間が定められているから楽しめることであって、いつまでもこんな状態が続くのだとしたら僕は早々にリクルート雑誌を読み始めると思う。
posted by ハジメ at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

福岡県立大 本返却しない学生の卒業証書保留

 福岡県立大学(福岡県田川市)は、付属図書館の本を借りたまま返さずに卒業する学生に対し、卒業証書の授与を保留する強硬策を打ち出している。4日現在、卒業予定者21人が計51冊を返していないため、卒業式(17日)前日までの返却を求めている。不心得者に業を煮やした窮余の策だ。

(中略)

 保護者からは「ペナルティーとして重過ぎる」との反応もあるというが、大学事務局は「図書館の本は重要な公有財産で、借りた本を返すのは社会人として守るべき基本的なルール。(授与保留は)最後の手段だが教育的配慮でもある。見直す考えはない」と話している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090305-00000003-maip-soci


え?え?なに?どういうこと?と思ってしまう。
一部保護者の反応に、である。
公共の財産を不法に占有するのはれっきとした犯罪なのだが、犯罪のペナルティーとして卒業証書の授与を保留するというのが、何と比べてどう重いというのか説明してほしい。
ハンコさえ押せば誰でも大学に入れる時代、どういうわけかその親の世代までゆとり化しているというわけである。
posted by ハジメ at 14:03| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

さびしさ、わくわく

3歳と1歳の子供を持つって状態はなかなかに大変で、しかも僕のように家で仕事をしている者にとっては時として耐えられないようなストレスになる場合がある。

大事な電話の最中だとか、何日か徹夜してやっと布団に入れた瞬間だとかに耳元でぎゃーぎゃー泣かれたりすると、かなりの子煩悩を自覚している僕ですら、ちょっとまあ、イラっときてしまう。

もっと若いときであったらつい感情に任せて怒鳴ったりしたかもしれないけれど、僕は力なく「頼むよ」と言うくらいしかできない。
妻はとてもよく気がつく女性なので、この一言ですべてを察して、すぐに子供を連れて買い物に行ってくれたりする。
それでも、たとえば風呂にはどちらかが入れたらどちらかが拭いて服を着せなければいけないし、すべての世話を妻に任せっきりというわけにもいかない。
僕はいま年に数度の繁忙期でほとほと参っていたところ、育児休暇も終わりに近いから親に孫を見せてくると言って、妻が実家に帰省してしまった。
ずいぶん長い期間だ。

思えば子供が2人になってから、僕が長い間ひとりになるのは初めてのことだ。
毎日わいわいとにぎやかな家にひとり残されるのは寂しいことではあるが、仕事だけはいくらでもあるから退屈はしない。
でも独身時代には当たり前に付き合っていた真の静寂が、なんだか旅先の空気みたいな他人行儀さで僕を包んでいて、コーヒーの味もいつもより濃い気がする。

腹が減ったので米をといだら水が冷たくてびっくりした。
そういえば自分で米をとぐのも久しぶりか。
そしてこの家のきれいさはどうだ。
僕ひとりならこんなにも散らかさずに生きられるのだ。

義母がとにかく孫に大はしゃぎだというメールがあった。
楽しそうでなにより。
地球はしっかり回ってる、となんとなく思う。
しばらくすればこの新鮮さにも馴れてしまうのかもしれないけど。
posted by ハジメ at 08:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

前向きに

学生の頃は20時間連続でファミコンやっても視力1.5を維持できていたのだけれど、仕事でPCに向かうようになってからあれよあれよと視力が下がった。
疲れてくると40〜50cm先のPCのモニターの文字が読めない。
測ってないから現在の視力はわからないけれど、まあ日常生活には問題ないのでふだんは裸眼で生活している。

前回の免許更新時、つまり5年前の視力検査の時点でもうほとんど見えてなくて、半ば当てずっぽうで右とか上とか答えたら運よくパスした。
メガネも持ってはいるものの、免許の条件欄に「眼鏡等」って書かれることに抵抗があって、できれば今回も裸眼でパスしたいなあと思いつつ、でもいちおう保険のためにメガネは持参して、先日更新に行ってきたところ、今回もぶっちゃけ全然見えなかった。
変な乱視が入ってて、Cの右があいてるのに左があいてるように見えたりする。
で、「左」って答えたあとに、検査官が一瞬とまどって沈黙する。
合ってればすぐ「はい」って言うんだけれども。
そのとまどいを即座に察知して「右」って言い直すわけだ。
そのあとも一回「上」って言ってから目を凝らして「下」って言い直したら、検査官に「えっと……、一問一答ですからね」ってクギをさされた。
そんなこともありながら、今回も晴れて裸眼で更新。
あ、ちなみに運転するときはメガネかけるんでだいじょうぶですよ。

しかしこの5年の間にいろいろあった。
僕はその間に離婚して、再婚して、子供を2人授かった。
いろんな思い出が詰まった僕のクルマ"うさぎ号"も処分しちゃったし、住居も変わった。
以前より腹を立てることが少なくなったし、担当編集はほとんど年下ばかりだし、アタマよりも先にヒゲがすっかり白髪になった。
肩こりが前よりひどくなっただけでなく、最近ではひざがときどき痛むようにもなった。
これじゃまるでオッサンやん、と、ひとりで笑っちゃったりする。
まあでも実際オッサンっちゃオッサンか。
いや……、うん、でも……オッサンか。だよなあ。

久々にカラオケいきてえ。
posted by ハジメ at 05:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

ランボー 最後の戦場

けっこうグロいという評判だったんですが、今どきの戦争モノならみんなこんなもんでしょう。
むしろこのくらいやってくれなきゃウソですよ。

ランボーファンとしてはなかなか期待の高い作品だったんですが、実際の泥臭いアクションは味方の傭兵たちに任せて、ラストの戦闘ではほとんど高所の固定銃座から掃射してるだけだったりと、さすがに還暦のスタローンには無理があった感じです。
弓矢は本人の技術がスーパーマンレベルと考えればセーフなんですが、ああいう機銃はそんなに命中精度高くないんで、本当はあんなに敵味方入り乱れてるところに撃ちまくったらヤバイです。
で、映画的には「ようやく中盤にさしかかったな」といったところで唐突に終わります。
にんともかんとも。

* * *

ところでバイオハザード5の体験版のCoopモードをちょっとやりました。
協力プレイの楽しさを味わいたくてやったんですが、日本ではまだまだこういうゲームに馴れてない人も多いみたいで、いくら助けてもすぐに死んじゃってなかなか楽しめないでいます。
囲まれても走って逃げればほとんど大丈夫なのと、ナイフが意外に強いことを覚えればなんとかなる印象なんですが、このままだと微妙なオンラインになりそうです。
posted by ハジメ at 02:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

からっぽアピール

僕が尊敬するあるお人が、飲みの席で男女が自分はSだとかMだとか語り合う手順が興味ないし面倒くさいといった旨の発言をしていて、まったくその通りだと思った。

かわいい女の子が「根っからのドM」を自称するときのみ、どれ話を聞いてやろうと思わないでもないけれど、その場合であっても結局は「彼に冷たくされるとたまらなくなっちゃう」とかいう程度のくだらない内容で白けるばかりである。

血液型の話題もそうだけれど、オマエらは自らのからっぽぶりをどれだけアピールすれば気が済むんだといつも思う。
どうせ女性に質問するならクリ派か膣派かを聞いたほうがよほどためになる。
posted by ハジメ at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

ナイキと僕とアホとアホ

こないだテレビでナイキ本社が紹介されてた。
社員が業務時間にサッカーやったりして遊んでる。
それも製品テストや開発のための重要な仕事なんだって。
「遊んでお金もらえていーなー」って言ったら「あなたも同じようなもんでしょ」って妻に言われた。
仕事でゲームして休憩時間にもゲームするからそう思われてる。
そうかナイキ社員も大変なんだなあと思った。

* * *

それはそうと、おもしろニュース。
<詐欺>74歳女性、次男装った男に600万円渡す 茨城
 茨城県警つくば中央署は24日、同県つくば市の無職女性(74)が、次男を装った男から知人に現金を渡すよう電話で頼まれ、その後自宅を訪れた男に600万円をだまし取られたと発表した。同署は詐欺容疑で捜査している。

 調べでは、23日正午ごろ、女性方に男の声で「1000万円が入ったバッグを電車に忘れてしまった。いくら用意できるか」と電話があった。女性は同市内に住む次男(44)と思い込み、600万円なら用意できると答えた。すると男は「知り合いの人が家に金を取りに行くから渡してくれ」と要求。約1時間後、女性は訪ねてきた男に現金を手渡した。午後10時ごろ次男に連絡して被害に気付き、110番通報した。
(後略)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090124-00000033-mai-soci


最近じゃ銀行に老人が振り込みに行くと銀行員が忠告してくるから、ついには直接取り立てに行っちゃえという。
こんな猿知恵に引っかかる人が600万も持ってるんだから今の老人って恵まれてるよなあ。
騙されたふりして呼びつけて、警察呼んで待ってみると楽しいかも。

* * *

おもしろニュースその2。

飲酒運転摘発逃れに悪用−「奈良漬」60切れ食べなきゃ無理
「奈良漬を食べただけで飲酒はしていない」

 今月7日、埼玉県春日部市で、保育士の女が道路交通法違反(酒気帯び運転)で春日部署に逮捕された。呼気1リットルからは基準値(0・15ミリグラム)を大幅に越える0・55ミリグラムのアルコール量が検出され、女はこう供述したという。
(中略)
 奈良漬が運転に与える影響については警察庁が平成19年4月、「アルコールが運転に与える影響の調査研究」という報告書の中で、実験結果を公表している。

 実験は同庁から委託を受けた財団法人「交通事故総合分析センター」(東京都)が実施。奈良漬1本(約250グラム)の5分の1を7人の被験者に摂取してもらい、20分後の呼気中濃度を測定するとともに、走行実験を行った。その結果、呼気中濃度はいずれも「ゼロ」で、走行実験でも影響は見られなかった。

 一方、アルコール健康医学協会によると、例えばアルコール5%の奈良漬を食べると仮定した場合、60切れ程度(約400グラム)を食べれば、計算上は、基準値程度のアルコールを摂取したことになるという。ただ、これほど大量の奈良漬を一度に食べることはあまり現実的ではない。

 警察庁交通局は「通常の摂取量なら運転能力に変化はみられない。本当に奈良漬を食べたことで逮捕された例は過去に報告もなく、実験からまず考えられない」としている。
(後略)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090124-00000524-san-soci


「あらゆる交通違反は言い逃れできる」と公言してはばからない僕に言わせても、言い訳として奈良漬を持ち出すとはアタマが悪いにもほどがある。
そもそも酒気帯び運転の基準は呼気中のアルコール濃度がすべてであって、飲酒をしたか否かは関係ない。
たとえ奈良漬であっても基準値を超えたなら違反だし、逆に飲酒を認めても基準値以下なら不可罰だ。
ゆえに奈良漬が何枚必要だとか現実的かどうかなんてどうでもいいことをいちいち税金を使って実験する警察庁もアタマが悪い。
もちろんこんなところには書かないけれど、もっと確実で簡単な逃れ方はいくらでもある。

ひとつだけ言うなら、とにかく法律と警察組織の仕組みについては勉強しておいて損はないですよってことである。
それ以前にそもそも飲酒運転は危険なんでやめようね、と正論を言って終わる。
posted by ハジメ at 05:35| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

DSにおける推理モノの飽和状態について

ニンテンドーDSで推理アドベンチャーが意外に売れるジャンルであることに目をつけて、また小規模なアタリショックが起こっている。

僕のようなミステリマニアから言わせると、このジャンルは基本的にくだらない。
まあくだらないですよ本当に。
20年以上も前のコマンド総当たり方式からなんら進化してない。

どのタイトルかは言わないですけどね、二十面相がダイヤを盗みに来るって予告状を寄越したとたん、もう何年も行方不明だった長男が急に帰ってくるわけです。
その時点でまあ普通はお前二十面相だろって話になると思うんですけど、主人公の小林少年は「なかなか頼れそうな人だな」なんて感想しかないわけです。
で、犯行時間が近づくにつれて金庫にしまったダイヤが心配になって「金庫から出してみてみよう」って展開になって、家の主人と長男の2人で見守ってたら、どこからともなく転がってきたピンポン玉に一瞬気をとられたスキにダイヤがなくなったって言うトホホな展開。
「いったい二十面相はどうやってこの厳重な警備をかいくぐれたんだ!」じゃないですよ本当に。
僕が家の主人なら目の前の長男に向かって「オメエふざけんな」で終わりですよ。

短期間かつ少人数で作ってちょっとだけ売って小銭稼ごうって姿勢が、まあ経営的には仕方ない部分もあるとは思うんだけれど、それがあまりに見え見えだとその小銭すらも稼げずに終わるってことです。
そんなの作って「任天堂タイトルばっかり売れてサードにはうまみがない」とか逆ギレされても。
posted by ハジメ at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。